こんにちは!

脊椎骨盤専門

コンディショニングkinada 代表の喜名田です。

「ストレートネック」

って、よく聞かれると思います。

ストレートネックは、病名でもないし、ただの呼び名です。

レントゲンで見て、結局、何なんだろう?

何がストレート?

って思う方はこちらをご覧ください。

脊椎

図のように頸椎は、前彎といって軽く沿っています。

ストレートではありません。

現代はスマートフォンやパソコンの使用時間が増え、

長時間座る時間が増加した結果、

猫背の不良姿勢は社会問題と言えます。

そして、その猫背姿勢が、反っている前彎をなくし、

ストレートにしてしまうのです。

それをレントゲン上の見た目の表現で、

「ストレートネック」

と呼んでいるのです。

猫背がなく。頸椎の正常な前彎がある状態。

猫背の為に、頸椎がストレートネックとなっている状態

猫背は、前にかかる頭の重さが、首にかかります。

それが首や肩の筋肉に負担を強います。

前にかかる上半身の重さが、腰にかかります。

持続的な椎間板の内圧が増加し、椎間板性の腰痛となります。

また、腰の筋肉にも持続的な負担を強いることとなり、

筋・筋膜性の腰痛となります。

動画でも、

なぜ、ストレートネックになるのかをシンプルにわかりやすく説明しています。

ほっとくとどうなるのか?

どんな病気が潜んでいるのか?

肩凝り、頭痛になるのはなぜか?

お伝えしますね!

改善方法については、さらにこの動画をご覧ください。

Follow me!