ある40代の女性患者さんのOさん、10年以上の腰痛を抱えていました。

 

Oさんは、股関節や足関節の柔軟性が低下し、猫背でもあり、腰痛になりやすい身体でした。

 

当サロンでの施術約を3回受けて、

 

股関節、足関節、猫背の改善により、腰痛は軽減したものの、まだ残っておりました。

 

よくよく問診すると、

 

中高生の頃、腹痛が強く、ときどき

 

学校を休んでいた程だったそうです。

 

当時、病院での診断は問題なしだったそうですが。

 

 

haraita_man

 

現在は腹痛はなく、腰痛のみ。

 

ただ私の検査では、腹直筋に「問題あり」でした。

 

腹部のこり、と筋肉の「短縮」です。

 

そこにアプローチしたところ、腰痛は消失。

 

つまり、腹部の筋の短縮が、腰椎の負担となり、腰痛となっていたと考えられます。

 

現在の腹痛でなく、過去に腹痛で酷く悩んでいた方などは、

 

腹痛は治っても、その筋の短縮や、凝りが残っている可能性があり、それが、現在の腰痛と関連している場合があります。

 

haraita_man

この写真の姿勢は、腰にも負担がかかると思いませんか?

 

それが頻繁だったら・・・。

 

そんなOさんは、10年以上前からの腰痛とサヨナラしました。

 

Follow me!