先天性股関節脱臼とは、生後間もなく、股関節が脱臼してしまう状態のことです。

それは、検診などで発見され、整復されるものです。

 

私の経験上

大人になってからの腰痛事例に、先天性股関節脱臼の既往をお持ちの方が非常に多いんです!

 

時間経過として、

 

 

小児科期の先天性股関節脱臼

股関節の筋バランスの変化

股関節可動域制限

現在までの腰、股関節への負担の蓄積

腰痛、股関節痛

 

 

しかも、大人になってからの腰痛、股関節痛が生じるんです!

 

 

私は、問診や、検査の中から、

 

股関節の筋バランスの問題や、筋膜の問題、股関節機能の解消を図ります。

 

つまり、

 

腰痛

股関節機能検査での問題の発見

問診との総合的検査

小児期の先天性股関節脱臼から、現在の腰痛への関連性を疑い

股関節筋バランス、筋膜、股関節機能の調整

腰痛の解消

股関節機能のセルフメンテナンス指導

股関節機能の維持、腰痛予防

 

このような流れとなります。

お客様が、

これまで歩んで来られた、

過去の病気や経験、人生の経過をたどり、

そこから問題点を探り、現在の痛みとの関連性を検査し、アプローチ致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!