サロンに首肩の痛みを訴えるお客様がいらっしゃいました。
痛みで左肩の動きの制限がありました。

施術で痛みは改善したものの、

他にも気になる点がありました。

 

歩行のバランスがやや鈍く、

動きが緩慢、スムーズでなく、

ゆっくりとした口調、

私はある病気(神経の難病)ではないかと気にしていました。

 

お客様とじっくりお話させていただき、

その病の可能性と、早期発見の為にも、

病院の神経内科の受診を勧めました。

もし、その神経の病気であれば、ご不安もあると思うのですが、

一般的な経過をお話し、

不安の解消に努めました。

 

 

結果は、やはり、その病であり、早速内服治療が始まりました。

まだ初期の段階であり、早期に発見し、早期に治療が開始できたとのことで、

お客様から感謝のお言葉を頂きました。

 

その病とは、ここでは伏せますが、

ゆっくりと進行する難病です。

 

今後も首肩のみならず、全身的な運動や、

筋肉、関節の柔軟性の維持や、

歩行や姿勢など、生活上の動作指導など、

サポートさせていただきます。

 

私は、長く病院勤務の経験があるために、

そうした神経の病気にも知識と経験があります。

早期に気づき、医療機関へ受診を促すことで、

重症化する前に、患者様の病状の進行や、不安を防く、

そうした役割の必要性を感じております。

 

 

Follow me!