筋力をつけたい、姿勢を改善したいと思っても、

正しい姿勢が保持できず、

すぐに姿勢が悪くなってしまうことはよくあります。

 

背骨が曲がっているからでしょうか?

骨盤が歪んでいるからでしょうか?

腹筋背筋が弱いからでしょうか?

 

fascia(膜・筋膜)の制限や、体に張り巡らされた地図により、

良い姿勢を保とうとしても、戻ってしまうのです。

 

 

fascia(膜・筋膜)の状態、配列が不規則であったり、不均衡であると、戻ってしまう場合があります。

動きや、力の伝達が制限されたり、

感覚や知覚さえも狂ってしまうのです。

 

その状態で筋トレをしても、左右の不均衡や、姿勢の不均衡は改善されません。

体幹と手足のfascia(膜・筋膜)の不均衡も考えられるのです。

 

下半身に対するfascia(膜・筋膜)の調整にて、上半身の姿勢変化をもたらすことがあります。

写真の方もまさにその状態でした。

ご本人は、腰痛もありましたが、

姿勢改善、

シェイプアップの要望もありました。

 

常識的には上半身や、肩甲骨、体幹の調整が必要かと考えるかもしれませんが、

下半身のfascia(膜・筋膜)の調整にて上半身の姿勢変化がみられました。

ご本人のセルフケアの努力の甲斐もあって、

一気にシェイプアップです。

 

 

 

Follow me!